消臭のための石鹸

全く宣伝をしないのにここまで有名な石鹸も珍しいと言われているドクターブレナーのマジックソープ。

雑誌のヴォークで特集が組まれたり、メイクアップアーティストさんたちが大絶賛したことで、これだけ認知されたようです。

主人は脇の匂いが結構キツイのですが、ラベンダーとペパーミントを使用して、初めは感動するほど匂いが取れました。

気に入って使い続けていたのですが、3ヶ月ほど経ったあたりでしょうか。

耐性ができてしまたたのか、なんなのか、効かなくなっちゃったんですよ。

石鹸に打ち勝つってどんだけよ!と驚いたのですが、仕方ありませんね、勝つんだから。

それでも他の石鹸が思いつかず、それを使っていました。

そんな時にふと「柿渋ってどんなかな」と思いついたんですね。

本人がとても気にしているので、かわいそうになって私も探したんですよ。

加齢臭とはちょっと違うのですが、ほっとけばそのうち加齢臭になるかもしれませんしね。

結果から言うと、柿渋石鹸は我が家の主人には有効でした。

柿渋石鹸

柿タンニンの働きで消臭するというのが、柿渋石鹸。

微生物の抑制効果も高いんだそうで、悪臭成分への働きかけと匂いを発する菌自体を増殖させないことで臭いのもとを絶っているようです。

柿渋がある石鹸と、柿渋を入れていない石鹸との消臭効果の差は数字的にも歴然としているのだそうです。

また液体よりも固形のほうが少々優位。

しかし柿渋石鹸も種類が多いので何を使っていいのかわからず、こればかりは「勘」で探しました。

株式会社オーガランドというところが発売している「柿渋炭石鹸」ですが、画期的に主人には効きました。

他の柿渋石鹸は試していないのでこれが最良とは言えませんが、1年ほど使用して、今のところ満足できています。

満足できているので、他を試すのが怖いんでしょうね。

毎回「同じものでいい」と言っています。

柿渋の配合がもっと多いものとかあるのですよ。

試させたいと思う気持ちもあるのですが、頑なに「同じ物」と言い張るので仕方ありません。

「柿渋が相当効く」という話はよく聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。

万人に効くとは思わないのですが、もし体臭で気になっている人がいれば、一度試してみてください。