アジニュス・ロバミルク石鹸

科学的な香料や着色料などは一切含まれていません、

フランスのブランドの「アジニュス」から発売されています。

フランスでロバは幸福を運ぶと言われているということなので、どういう幸福を運ぶのか調べてみたのですが、わかりませんでした。

馬は騎士が乗り、豊かな農民は牛馬を育て、貧農がロバを育てるしか書いていません。

さらに頑固で気分屋なのだそうです。

困りましたね、そんなんじゃわがまま娘を家においているのと同じですね。

ただ、ナポレオン・ボナパルトはアルプスを越えて北イタリアに奇襲をかけて大勝しましたが、この時に乗っていたのはロバだそうです。

というか騾馬ね、ラバ。

メスの馬とロバのオスとの間の子で、力が強くて忍耐力もあり、粗食に耐えるいい子なのです。

でもこの子から子どもは生まれませんから一代限りなのですが、引き馬として重宝していたようです。

ナポレオンは背も低く足も短い上に、馬術がとても下手でしたし、アルプスは過酷で馬では無理。

そこでラバを使ったという話が有力ですが、だからフランスでは「ロバが幸運を運んでくる」と言われっているのかもしれません。ロバ(ラバ)が大勝を連れてきたのかも!!!ってとこでしょうか。

ロバのミルクの石鹸

とまぁ、フランスでは少なくとも「幸運をつれてくる」ということなのでしょう。

このミルクも大変重宝すると。

アジニュスはこのフランスのごく一般的な石鹸のようですが、匂いもさすがに種類があってさすがにフランスといったところ。

クラシック・ローズマリー・ヴァーベナ・ラベンダー・ゼラニウム・オレンジを見かけました。

使ったのはローズマリーとゼラニウム、オレンジの3種類。

石鹸の質感としては、少々固め。

ガミラシークレットやアレッポのように、「溶けてなくなっていく感」は少ないと思います。

「牛乳石鹸良い石鹸」に近いような、じつに一般的な石鹸です。

洗浄力が特別に強いといったモノでもありません。

ただし「優しい」ものは感じます。

ロバミルク配合が2倍のオレンジがあったのですが、どこも売り切れですね。

このまま輸入しないつもりも考えられますね。

しかしフランスではこのアジニュスに限らず、ロバのミルクのスキンケア商品を扱っているメーカーは何種類かあるようです。

だれか買ってきてくれればいいのになぁ。。。と思っているところ。