ガミラシークレット

良い肌の条件というのは

・ 見た目が美しく手触りもしなやかで弾力がある肌は、キメが細かくつややかで良い肌。

・ 外部刺激に抵抗できる。

というものです。

乾燥肌であると、肌の間に隙間ができてしまいあらぬものを取り込んでしまいます。

バリア出来ていないということになるんですよね。

バリアができていれば水分調整ができるし、キメが細かくなめらかな肌は結局バリア機能が働く肌。

どっちが先なの?と言う感じにはなりますが、健康な肌を作ることがきれいな肌を作ることになるってことでしょうね。

肌本来の働きに集中してもらうためには、他に負担をかけないことが大切だと思います。

書類作りをお願いしている女性社員に「ごめん、お茶入れて」「コピーも取って!」などと他の仕事までお願いすると、書類作りが疎かになるかもしれないじゃないですか。

それと一緒。

あまり仕事を押し付けてはいけないのですよ。

肌も一緒で、日々頑張っているわけですから、合成香料や、合成界面活性剤、着色料などと戦わせたくありません。

その負担は軽くしてあげたいので、そういうものが不使用のものを使います。

ガミラシークレットは合成香料や、合成界面活性剤、着色料は不使用ですし、パラペンも使われていません。

ガミラシークレット

石鹸は流行り廃りがあるので、今更?ということもあるのですが、私の定番中の定番は「ガミラシークレット」。

社会情勢に長けた友人女性は原産国を見て「どうしようかな。。。」と散々迷ったのだそうですが、結局愛用して私に薦めてくれました。

よく使用しているのは、ゼラニュウムとローズマリー。

時々ジャスミンとラベンダー、オリジナルです。

スペアミントは使っているときに「寒い。。。」と感じるのでやめます。

ジャスミンはさんぴん茶を愛飲しているので、ジャスミンだらけになるんですよ。

ラベンダーもテキメン眠くなるので、寝たい時にしか嗅がないようにしています。

レモングラスを選ばないのは、これも肉料理などの後に飲むからですね。

飲むものは基本、あまり石鹸には選択しません。

そこまで取り入れなくっていいや!と思うんでしょうね、身体が。

食欲不振の時に「食べようかな」と思わせてくれるので、普段は「食べようかな」と思いすぎると迷惑なのです。

ずっと食欲不振でいたいぐらいなのです。

頼むから、これ以上私にモノを食べさせないでくれ!と懇願したいほどなのに、なんでレモングラスよ!となります。